兵庫県西宮市の小児科・アレルギー科

てらしまのひとり言

近くの兵庫医大‼

日常の診療においては、遠くの母校(=神戸大学医学部)よりも近くの兵庫医大へ紹介させて頂く場合がほとんどです。神戸大学医学部は三宮からさらに西側のJR神戸駅ないしは高速神戸駅が最寄り駅になります。大倉山公園の隣になります。

――さて、私が診察させて頂く子どもさんは、ほとんどが西宮、尼崎、一部芦屋、宝塚ですから、地理的には圧倒的に兵庫医大が近いです。 小児外科の大植先生がオペが上手です。傷の目立たない手技も導入しておられます。鼠径ヘルニアや臍ヘルニアなどの小手術では、制限はあるものの日帰り手術も可能です。 平成26年4月1日付で、兵庫医科大学の第4代小児科教授に就任された竹島先生は、2学年上の神戸大の小児科の先輩です。一緒に研究室で研究をしていた時期がありましたが、とても優秀な先生でした。―――結局、「遠くの母校(=神戸大学医学部)よりも近くの兵庫医大へ紹介させて頂く場合がほとんどです」の理由は、の竹島先生が西宮に来られた事が決め手ですね。――――兵庫医科大学の小児科のHPは、<こちら>をクリックしてみて下さい。

2019年10月14日