兵庫県西宮市の小児科・アレルギー科

おしらせ

「てらしまこどもクリニック」の令和元年 10大ニュース

今日は、12月31日です。

予約していたおせち料理を受け取りに行ってから、クリニックにやって来て事務仕事やレセプト チェックをしています。

12月11日に「Xマスまで、あと2週間です!!」の投稿の中で、今年の10大ニュースを書いてみますと宣言しておりましたので、私の独断と偏見で書いていきます。

スマホ デビューしました。5月12日に息子に連いて来て貰って、西北のドコモショップへ行ってアイフォン8に機種変しました。――――それまでは、ガラケーでしたから、慣れてくるまでが大変でした。今でも、使いこなせてるとは言えない「レベル」ですが、、、、!

 

ネット予約システムを変更しました、あわせて24時間対応できる「お注射予約」を開始しました。受診歴のない方も、ネットを使って予防接種の予約が24時間可能です。変更やキャンセル、予約の確認もすべてネットから24時間行う事が出来ます。-----8月のお盆休み中に、ネット予約の担当者と設定をしていました。翌日も取説を読みながら、一人で操作の確認をしていたら、知らぬ間に台風がきていて、阪神高速道路湾岸線が通行止めになっておりました。車を運転して、国道43号線を通って帰宅したのですが、雨風が強くて、とても怖かったです。

 

③ 当院のHP(=ホームページ)をリニューアルしました。―――開院以来のHPは、スマホで見ると、字が小さくなってとても見にくい事に気が付きましたので、開院時にHPを作製して頂いた業者さんにお願いして、新しいものを作って頂きました。下の写真では止まっていますが、実際のHPでは、親子のイルカがジャンプして、カニが横歩きして、貝が動いていて、ヤシの木とクジラさんも動いているのですが、お気づきでしょうか?

 

保険者への請求方法を変えました。---もう少し解りやすく書きますと、

保険者とは?

健康保険事業の運営主体のことを『保険者』といいます。
健康保険の保険者には、全国健康保険協会(愛称は「協会けんぽ」)と健康保険組合の2種類があります。

当院では4月より、今までの出来高制から包括制へ変更しております。対象は3歳未満の子どもさんです。包括制に変更した事で、抗菌薬適正使用支援加算が算定できるようになりました。また、4月より時間外対応可算2(=準夜帯対応)を、6月より一般名処方加算を算定しております。----小さな子どもさんは、窓口負担が定額制の場合が大半なので、あまり窓口負担金は変わっていないのではないかと思います。診療時間中に、寺島がブツブツ言いながらチェックしている様子に気づかれた方もおられるかなと思います。

 

コピーFAX複合機と受付のプリンターを買い換えました。――――業者さんからは、「機械の寿命です」と言われましたが、毎日使っていると愛着が湧くので、引き取られていくのは寂しかったです。

ラグビーWCの事は書かせて下さい。はまっていましたので。――――ワンチームです。当院も院長とスタッフでチームワーク良く診療ができる様に、令和2年度も精進致します。

 

⑦ てらしまのひとり言に写真が載せれる様になりました。---スマホに機種変したおかげで、操作に詳しいスタッフや息子に聞きながら、投稿に写真をあげれるようになりました。進歩です。

 

⑧ これもスマホのお蔭ですが、外でRadikoが聴けるようになりました。――――ガーデンズまでおにぎりを買いに行く時に、片耳にイヤホンをさして「こんちわコンちゃん お昼ですょ!」を聴きながら、ゆっくり通路の端の方を歩いております。

⑨ これもスマホのお蔭ですが、外でYou tubeが観れるようになりました。――――テレビにMTV(アーティストの出演しているビデオの動画)が出てきた頃、小林克也さんの「ベストヒットUSA」のファンだった寺島には、大変ありがたい機能です。今まで、PC(=パソコン)の前に行かないと出来なかったRadikoやYou tubeが観たり聴いたりできます。ホール&オーツ、Sade、ビリー・ジョエル等をよく聴いています。

⑩ 家族、スタッフ、寺島が皆元気で新年を迎えられます。――――これが、本来は第1位ですね!

あと、数時間で年越し蕎麦を食べている事でしょう。

年々、1年の過ぎるのが早くなっている様に感じております。

今年もあと少しです。皆様も良いお年をお迎え下さい。

てらしまこどもクリニック 院長  寺島 和浩

2019年12月31日